借金弁護士無料相談

借金問題を弁護士に相談したいけどお金がない人のための無料相談

借金問題 弁護士

 

借金が増えて、このままでは返済できない。
でも、弁護士に依頼するお金もないし・・・と諦めていませんか?

 

あなたの借金問題、減額できるかもしれません。

 

=>相続・金銭トラブル・その他はこちら

 

借金の減額方法にはいくつか種類があって、
1.任意整理 2.個人再生 3.自己破産 などが有名です。

任意整理 借りたお金の利息(金利)を無くしてくれる
個人再生 残りの借金の総額を減らしてくれる
自己破産 自己破産すべての借金が無くなる。ただし、家や車など生活必需品以外は処分。

 

なぜ金融業者は借金を減額してくれるのでしょうか?

 

それは、金融業者も借金が1円も返済されなくなる自己破産は避けたいからです。


弁護士から借金減額の依頼を受けると、任意整理や個人再生ならば返済が続くのでそちらの方が得と考えます。

 

だから借金は減額することができるのです。

 

しかし、残念ながら自分で好きな方法を選ぶことは出来ません。
それぞれ適用される条件があり、安定した収入の有無や負債が出来た主な理由などで決まります。

 

自分はどの方法が適用できるのか知りたい方は、借金解決シミュレーションがオススメです。

 

借金 返済 弁護士


 

匿名OK、住所不要で、24時間いつでもチェックすることができます。
解決実績は15000件以上で、実際に借金の減額に成功した方が沢山いらっしゃいます。

 

 

・280万円あった借金が任意整理で180万円になりました。
・500万円あった借金が個人再生で140万円になりました。
・2600万円あった借金が自己破産で0円になりました。

 

以前は弁護士に相談するだけで、30分5000円が相場でした。
これではゆっくり話を聞いてもらうことも出来ませんね。

 

今は弁護士の数も増えたため、無料相談をしてくれる法律事務所が増えました。

 

借金 相談 弁護士

 

忙しくて仕事を休むことができないあなたに代わって、金融業者や裁判所との交渉、書類の作成、提出などを行ってくれます。

 

借金解決の強い味方になってくれるはずです。

 

まずはあなたの現在の状況や解決方法、その他聞きたいことを何でも無料で相談してみませんか?

 

借金 無料相談 弁護士

 

借金問題相談ダイヤル

サルート法律事務所の詳細

サルート法律事務所

サルート法律事務所の借金相談ダイヤルでは、次のような悩みにお応えできます。

もう借りられない、借金が全然減らない、一括請求の通知が来た、裁判所から通知が来た、住宅は残したいなど。
今すぐ知りたいことを相談できます。

 

0120-315-641

無料相談 24時間対応 携帯電話OK

 

 

 

 

 

 

相続金銭トラブル

 

相続問題や友人家族などとの借金については、個人間の金銭トラブルとなり、一般的なところでは対応していません。
個人間の金銭トラブルには、言った言わない、貸した借りてないなどの返済のいざこざが多く、近くで対応できる専門家が必要ですね。

 

 

お金の問題でお悩みのあなたには、日本法規情報をおすすめします。

 

日本法規情報の相談窓口案内サービスには、全国に1000事務所、3000人以上の専門家がいます。

 

この業界トップクラスの中から、あなたの状況・お悩みに適した専門家を無料で案内してくれます。

 

日本法規情報

日本法規情報

日本法規情報案内サービスでは、法律問題かどうかわからない段階でも、事前に話をすることができます。

 

個人間の借金トラブルや相続問題などの専門の先生は違います。専門分野は複数あり、どこにでも相談していいわけではないのです。

 

専門家に相談する前に、日本法規情報サービスで現状を把握してもらい案内してもらえるので、間違った問い合わせ先に相談することがなくなります。

 

どんな小さな内容でも、問い合わせできます。

 

【案内無料】 24時間受付 全国対応

050-7576-1589

 

 

適した連絡先に問い合わせしましょう。一人で悩んでいても問題解決できるのはまれです。返済の悩みは専門家に連絡してみてください。専門の先生ならあっと言う間に解決してしまうこともあると思います。まずは相談してみる行動力が大切です。

 

 

 

 

 

人はなぜ借入をしてしまうのか

 

地方や都会の区別なく日本人の多くは子供の時にお金の話をされずに大きくなります。
お金の話を子供の前ですることは、タブーとされる風潮があります。なぜでしょうか?
なぜ借金をしてしまうのか

 

私の親戚にも家族でご飯を食べにいくと「何でも好きなものを頼め〜!」という人がいます。ですから、どちらかというと貧乏な家庭なのですが家族全員、子供を含めて体が大きいです。お腹いっぱい何でも注文できる環境が幸せ、そういう風な考えの人は少なくないです。ブログ日記でどれだけ食べたと自慢する人もいますからよくわかると思います。節約という感じのを見せることなくたくさん消費できることをアピールしているようですね。

 

そうやって育った子供はやはり自分で支払うようになっても沢山食べる癖が抜けません。外食の料金がかさみ食費が家計を圧迫しても、あまり気にしません。これは食べることだけではなく、被服費などでも同じです。

 

お金の話をタブーをしてきたことで、金銭感覚が乏しく何でも好きなものを買う癖だけが残ります。カードを持つようになるとなおさら分割払いがあるので、財務的に苦しい感覚も困ってしまうことも少なく乏しいのです。隠れて借り入れをしていたり、パチンコでお金を消費したりして、債務に困っても家族に内緒にしてしまう暮らしが出来てしまうのです。

 

私は大丈夫・・・と思っていても、マイカーローンでちょっと大きめの車を買ったりしていませんか?それも支払いが終わるまでは債務です。

 

知り合いに結婚もしていないのに、大きな7人乗りのバンを買った人がいます。なんでこんなに大きな車を買ったのか聞いたら、友達がたくさん乗せられるからと言いました。普段は一人暮らしなのに、月に1回か2回しか合わない友人のために大きなローンを抱えたのには、心底驚きました。フェアなどで期間限定で金利を減らすなどやっているときに飛びついて大きな借り入れにしてしまっているのです。主婦の消費節約や借り換えなど丈夫に計画しても最初の手続きの時点で多額の借り入れで問題を起こしているので、水の泡です。返済期限を延ばしてしまっているので、完済するまでに大変長い期間がかかってしまいます。女性の努力だけではなかなかどうにもならない世界になってしまっているので、結局、責務からのがれるために債権放棄をしてもらったり、期限を延ばしてもらったりする結果になります。

 

徐々に延滞金ができたり、サラ金に手を出したりするようになります。ギャンブルで一発勝負にでて債務まみれになってしまったりして借り入れ依存の問題を起こしその後、ブラックリストにのって借りれなくなった時には後の祭りです。そうならないようにお金の教育は小さい頃から初めて安いものを選ぶようにするとかリストからコストパフォーマンスがいいものを選択するとかお金のリテラシーを上げることが今後子供が学生から社会人になった時に役立つのです。ブログで生活が豊かなふりをするよりも大切なことです。

 

物を購入するときは金額も大事ですし、口コミもまとめてチェックしましょう。完済までの計画もしたうえで計算して購入するかどうかを確認する癖をつけていくやり方が大切です。給料を回収会社に取り立てられるなんて嫌ですよね。妻が悪いとか旦那が無理をしたとかいっても仕方がなく、銀行に返すお金を踏み倒してしまうことはできませんから、身を滅ぼすような返済不能の状態になる生活習慣は地獄への近道になっているわけです。

 

このように、お金の話を小さい頃からしないことで、大きくなってから悪影響が出ることがあります。ちょっとずつお金の仕組みをお子さんと一緒に勉強することで上手に正しい金銭感覚を養っておきましょう。

 

 

 

ゲームの課金で借金

ゲーム課金

携帯ゲームをする人が増えていますね。いろいろなゲームがあるので時間つぶしには最適なのでしょう。先日久しぶりに満員電車に乗りました。本当にぎゅうぎゅうで押しつぶされるかと思ったのですが、毎日乗っている人は慣れなのでしょうね。悠々とゲームをしています。スゴイなと思いました。
私は立っているのがやっとでしたけどね。ゲームも片手で出来ちゃうみたいですし。

 

そうそう課金の話でした。先日とあるゲーム会社が、高額ガチャを設定していて10万円払っても欲しいアイテムが出ない。詐欺じゃないのか!ということで告発されていましたね。それで、最高9万円出せば、必ずアイテムをゲットできるようにしたとか。

 

それで解決なの?1つのアイテムに9万円って普通なの?
現物があるわけでもないのに、9万円も出せちゃう人がこんなに沢山いるのかと驚きますね。私はゲームもしませんし、やっても課金までは出来ないタイプです。ラインのスタンプも有料で買ったことがない堅物です。

 

だからゲームで欲しいアイテムがあれば、お金を出せちゃう人はすごいと思っています。いろいろな人がいるんだなと。
子供にはまだ携帯を持たせていませんが、スマホでゲームはするな!と言っています。息子はゲームも好きですし、メダルやカードを集める癖があるのでちょっと怖いです。娘は私と同じ現実主義なので心配していません。

 

こんな日常にありふれたところからどんどん借金ができるというシステムは、かなり怖いですね。ゲームの中でも買い物は、無料だと思ってやっている人もいらっしゃるのかしら?子供はそうかもしれないので、気をつけようと思います。

2017/01/11 07:31:11 | 借金事例
債務整理をした場合、ブラックリストに名前を載せられ、それが消滅するまでの5年の間、クレジットカードの審査にパスすることは難しいと言われています。とはいえ、5年の年月が過ぎないうちに持つ事が可能な人もいます。その場合には、借金を全額返済した場合がほとんどになります。信用があればカードを持つこともできるでしょう。債務整理を行う際は、公務員の場合はぜったい職場にばれると信じている人は少なくないのですが、実際にはそのようなことはありえません。個人再生と任意整理の2つの方法でしたら、本人から話を持ち出さない限り、会社に知られる可能性はありません。ただ忘れてはならないことは、公務員共済などで借り入れをして...
2017/01/10 01:14:10 | 借金事例
交渉を通して合意成立した後に、お金が必要な理由がいかなるものであっても、消費者金融などで借金を申し込んだとしても、審査のタイミングで通ることが出来ません。ひとたび信用情報機関のブラックリストに載った場合、登録が消されるまでには5?10年の月日が必要であるため、それより後になればキャッシングができます。申請したり手続きをしたりという段階になったら、なるべく速やかにけりをつけたいと思うのは債務整理を検討している方々に共通することだと思います。とは言え、借金を免除する、もしくは減額するという認可が下りるまで相応に時間がかかります。債務整理がどういった方法で行われるのか、専門知識を持つ司法書士、弁護士...
2017/01/09 01:13:09 | 借金事例
個人再生手続きの手段ですが、これは弁護士に任せるのが一番てっとり早いです。弁護士にお任せすることで、ほとんど全ての手続きを担当してくれます。その過程で裁判所へ行くことになったり、債権者との話し合いをすることもありますが、大変なことはほとんど弁護士にお願いすることができます。借金をしている親戚や友人がいて、その保証人になっている場合、債権者から取立てが来たとしてもそれを拒んで債務者の方に行かせることができます。けれども、債務者が自己破産や個人再生により債務整理を行い、一部か全部の返済を放棄した時は、支払いがまだの分について債権者は保証人に請求を始めます。これを拒む事は不可能ですが、債権者と話し合...
2017/01/08 09:36:08 | 借金事例
債務整理にはちょっとした不都合もあるのです。利用してしまうとクレジットカードなども含めて融資を受けることが困難になります。ですから、お金を借りられない事態となってしまい、現金のみでショッピングをすることにならざるを得ません。これは結構厄介なことです。急な出費の助けになるカードローンですが、使い方によっては借金が膨らんでしまうことがあります。多重債務になった場合には、債務整理を検討してください。個人再生などの債務整理をすれば、司法手続きに則って借金を帳消しにしたり、大幅に減額してもらえます。なので、複数の債権者からの取り立て行為も止まり、苦しい生活から抜けだせるでしょう。借金のことや債務整理をし...
2017/01/07 06:17:07 | 借金事例
弁護士や司法書士が債務整理の請け負ってくれたらいいなと考えているけれど、料金を支払う事が無理そうだという場合は例えば法テラスの相談対応を受けてみるのはどうでしょうか。法律についての問題なら、法テラスは頼れる公的機関になります。料金不要で借金に関して相談を受けていたり、収入の少ない方へは民事法律扶助制度に基づいて、債務整理を弁護士または司法書士に依頼する際の経費を一時的に立て替えるという対応もしています。過去に債務整理をした事実についての記録は、かなりの間、残ります。この情報が残ったいる期間は、借金が不可能になってしまいます。情報は年数が経てば消えますが、それまでは誰もが閲覧できる状態で残されて...
2017/01/06 00:26:06 | 借金事例
このところ、債務整理を行って借金を整理する人も多いようです。払いきれない利息を整理できますが、ブラックリストに名前が載り、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるという欠点もあります。さて、ここで知りたいのは債務整理後でも問題なくアパートやマンションが借りられるのかどうかでしょう。実際のところ、賃貸契約できる物件とできない物件があります。選べる物件の数が減るとはいえ、どこかで借りられることは確実ですから、不安に思わなくても大丈夫でしょう。もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにできるかもしれません。簡単に説明すると、過払い金は高金利で貸された借金の返済分のことを意味します。2008年の...
2017/01/05 05:09:05 | 借金事例
債務者が支払不能になるおそれがある時に、過払い金を利息制限法に従って再計算し、現状の債務と相殺することを話し合うのが特定調停という制度です。ちなみに過払いした額が債務の額より多い場合は、この特定調停という制度では返金請求できず、負債が棒引きになるだけで、けしてプラスにはなりません(ゼロ状態)。比べてみて、もし過払い金がまとまってあると解っているのだったら相殺目的の特定調停などはせず、返還が期待できるという意味で過払い金請求を行うほうが良いのです。返済の遅延を繰り返すようになると、弁護士に債務整理の依頼をする人も多いです。返済したい気持ちはあるのに、結局は延滞状態に陥ってしまうケースは、よくあり...
2017/01/04 16:28:04 | 借金事例
返済できる見込みがない借金を整理できる手だてが債務整理ですが、唯一整理できないのが各種税金です。破産法(自己破産について規定した法律)にも租税請求権は免責されない旨が明記されています。国民の三大義務ともなっている納税義務は自己破産に至っても放免されるものではありません。ですが、訳を話して役所で相談の上で分納を検討してもらう事はできます。法務大臣による認定を受けている、いわゆる認定司法書士という立場でなければ、自己破産や任意整理などの債務整理は扱えないことになっています。また、司法書士が扱う任意整理はひとつの債権あたりの額が上限140万円までという制限があります。そのほか、個人再生や自己破産など...
2017/01/03 19:01:03 | 借金事例
免責を目的とする自己破産や、債務が大幅に減額される個人再生を行う際は、全ての借入先(債権者)がその対象となるのですが、裁判所を通さない任意整理の場合は、文字通り対象を任意で選択し、1つずつ手続きしていくという違いがあります。3件あれば3件とも対象にすることもできますが、たいていは減額効果の高い債権者を筆頭に交渉対象としていきます。ただ、交渉に応じるかどうかは任意ですので、相手方が応じてくれなければ当該債務の減額は不可能です。任意整理で借金を清算したケースでは、和解交渉で減額された債務を毎月払い続けます。その際に金銭的な余裕が生まれたら、その資金で残った債務を一括返済したり、繰り上げ返済をするこ...
2017/01/02 14:02:02 | 借金事例
借金の返済が厳しく、もうこれは債務整理をしようかと思い始めた人が手始めの弁護士あるいは司法書士に頼むにしてもどこの担当者がいいかでしょう。一般的な事務所なら初回相談は無料で行えます。無料相談で顔を合わせて話をすれば、相手が信頼に値する担当者か確認できます。なお、法律に関する問題を抱えた人の手助けを行う公的機関である法テラスでも相談を無料で受けることができます。私は様々な消費者金融から融資を受けていたのですが、返済することができなくなり、債務整理をしなければならなくなりました。債務整理にも様々な方法があって、私が選んだのは自己破産だったのです。自己破産した後は借金を清算することができるので、負担...