借金弁護士無料相談

借金問題を弁護士に相談したいけどお金がない人のための無料相談

借金問題 弁護士

 

借金が増えて、このままでは返済できない。
でも、弁護士に依頼するお金もないし・・・と諦めていませんか?

 

あなたの借金問題、減額できるかもしれません。

 

=>相続・金銭トラブル・その他はこちら

 

借金の減額方法にはいくつか種類があって、
1.任意整理 2.個人再生 3.自己破産 などが有名です。

任意整理 借りたお金の利息(金利)を無くしてくれる
個人再生 残りの借金の総額を減らしてくれる
自己破産 自己破産すべての借金が無くなる。ただし、家や車など生活必需品以外は処分。

 

なぜ金融業者は借金を減額してくれるのでしょうか?

 

それは、金融業者も借金が1円も返済されなくなる自己破産は避けたいからです。


弁護士から借金減額の依頼を受けると、任意整理や個人再生ならば返済が続くのでそちらの方が得と考えます。

 

だから借金は減額することができるのです。

 

しかし、残念ながら自分で好きな方法を選ぶことは出来ません。
それぞれ適用される条件があり、安定した収入の有無や負債が出来た主な理由などで決まります。

 

自分はどの方法が適用できるのか知りたい方は、借金解決シミュレーションがオススメです。

 

借金 返済 弁護士

 

借金 無料相談 弁護士

 

借金問題相談ダイヤル

サルート法律事務所の詳細

サルート法律事務所

サルート法律事務所の借金相談ダイヤルでは、次のような悩みにお応えできます。

もう借りられない、借金が全然減らない、一括請求の通知が来た、裁判所から通知が来た、住宅は残したいなど。
今すぐ知りたいことを相談できます。

 

0120-315-641

無料相談 24時間対応 携帯電話OK

 

 

 

 

 

 

相続金銭トラブル

 

相続問題や友人家族などとの借金については、個人間の金銭トラブルとなり、一般的なところでは対応していません。
個人間の金銭トラブルには、言った言わない、貸した借りてないなどの返済のいざこざが多く、近くで対応できる専門家が必要ですね。

 

 

お金の問題でお悩みのあなたには、日本法規情報をおすすめします。

 

日本法規情報の相談窓口案内サービスには、全国に1000事務所、3000人以上の専門家がいます。

 

この業界トップクラスの中から、あなたの状況・お悩みに適した専門家を無料で案内してくれます。

 

日本法規情報

日本法規情報

日本法規情報案内サービスでは、法律問題かどうかわからない段階でも、事前に話をすることができます。

 

個人間の借金トラブルや相続問題などの専門の先生は違います。専門分野は複数あり、どこにでも相談していいわけではないのです。

 

専門家に相談する前に、日本法規情報サービスで現状を把握してもらい案内してもらえるので、間違った問い合わせ先に相談することがなくなります。

 

どんな小さな内容でも、問い合わせできます。

 

【案内無料】 24時間受付 全国対応

050-7576-1589

 

 

適した連絡先に問い合わせしましょう。一人で悩んでいても問題解決できるのはまれです。返済の悩みは専門家に連絡してみてください。専門の先生ならあっと言う間に解決してしまうこともあると思います。まずは相談してみる行動力が大切です。

 

2017/05/06 21:47:06 | 借金事例
一口に債務整理といっても3通りあり、個人再生や任意整理のように自宅や車を手放さなくても良いもの、それと、借金が帳消しになる自己破産となります。3つの中で個人再生と任意整理は、自己破産と違い、本人に収入がなければ選択することはできません。なぜなら任意整理の和解も個人再生の再生計画も債務の総額を減らすためのものであって、手続きが終了したあとも債務を返済していく必要があります。その返済のために本人に収入があることが求められるのです。司法書士や弁護士は、普通の人から見れば法律の専門家ですが、経験値が少ないのに債務整理を手がけるのは非常に難しいです。個人の債務整理については素人同然の離婚関係専門の弁護士...
2017/05/04 10:11:04 | 借金事例
ハードな月々の返済に対する措置という点は通じますが、任意売却というのは購入した不動産のローン返済が立ち行かなくなった場合に該当する不動産を売ってしまい、返済に使う事を指して言います。他方、債務整理は返済できなくなった借金の完済のために、状況に応じた方法を選んで整理する事です。何がしかの理由によって不動産ローンと借金のいずれも支払えないという場合も考えられますので、その際は任意売却と債務整理をどちらも行う必要があります。公務員が債務整理をした場合、職場に知られることは必至だと信じている人は少なくないのですが、実際にはそのようなことはありえません。自己破産はダメですが、任意整理や個人再生なら、当事...
2017/05/03 18:32:03 | 借金事例
毎月の借金返済がどうしようもなくなり、そろそろ債務整理をしようかと考え出した方がまず問題となるのがどこで弁護士または司法書士へ委任するかですよね。基本的に弁護士事務所では無料の初回相談を用意しています。無料相談での対話を通じて、信じてもいい担当者なのかどうか確認できます。なお、法律上の問題で悩んでいる人をサポートする公的機関の法テラスでも相談を無料で受けることができます。任意整理には無縁であり、個人再生には緩い基準しかないため、問題となることは大してありませんが、自己破産により債務整理を行う人は、禁止事項の一つに財産隠しがあります。破産申立の際は現金と資産をどのくらい所持してよいか法律で上限の...
2017/05/02 21:20:02 | 借金事例
少し前、債務整理のうち自己破産という選択肢をとり、無事処理をやり遂げました。いつも感じていた返済することができない、更に延滞してしまったらどうなるのかという不安から解き放たれて、心が本当に軽くなりました。これなら、もっと前から債務整理をすればよかったです。申請したり手続きをしたりという段階になったら、可能な限り早く片をつけたいと思うのは債務整理を検討している方々に共通することだと思います。けれども、負債について免除あるいは減額のような措置が許可されるのには日数もそれなりにかかります。債務整理にどの方法を使うのか、司法書士や弁護士などエキスパートに手続きしてもらうのか、それとも自分で全手続きを網...
2017/04/30 07:47:30 | 借金事例
借金が全部なくなるのが自己破産制度なのです。借金で辛い思いをしている人には有難い助けですよね。ただし、メリットだけではございません。当然のこと、デメリットもございます。家や車などの財産は全部放棄してしまわなければなりません。さらに、およそ10年はブラックリストというものに載る為、新しく借り入れることは、できなくなります。貸金業法のある現在では、年収の三分の一を上回る貸付は出来ないという総量規制が存在しています。ですが、この総量規制が取り入れられた時にはもう三分の一以上の借金を負っていた人もいます。あとは、貸金業とは別のため総量規制が適用されない銀行への借金などで、無意識のうちに年収以上にまで借...
2017/04/29 18:58:29 | 借金事例
債務整理の際に、真面目に返済をし終わったとしても、時間が経たなければ、クレジットカードの利用や金融機関のローンを組むこともできなくなるでしょう。それは、債務整理者は事故アリということで、ブラックリストに登録されてしまうためです。最低でも5年が経たないとブラックリストから情報が消えませんから、この期間は金融サービスを受けることは諦めましょう。借金を全てゼロにするのが自己破産制度です。借金で悩んでいる方には有難い助けですよね。しかし、当然メリットばかりではございません。言うまでもなく、デメリットもあります。車や家など財産は全て手放さなければなりません。また、おおよそ10年間ほどはブラックリストに載...
2017/04/28 18:48:28 | 借金事例
債務整理を依頼する上で必要なお金というと、最初に着手金が必要で、次に成功報酬、そして債権者や裁判所までの交通費や印紙代等の実費が必要です。仮に任意整理を依頼した場合は減額に成功した額を基準に報酬が決まり、あらかじめ成功報酬を定めた個人再生とは区別して考える必要があります。一方、自己破産の際は、免責許可が下された時点で手続きが成功したことになるので、所定の金額を成功報酬として支払います。俗にブラックリストと呼ばれる信用情報機関が持つ事故情報のうち債務整理の記録はいつまで残るのかは、どうやって債務整理をしたかで異なります。任意整理、個人再生、特定調整のどれかだったなら大体完済から5年前後と見られま...
2017/04/27 03:33:27 | 借金事例
一人で債務の返済に悩むのは良くないです。債務整理に関する相談を無料で受け付けているところは実はたくさんあります。自治体でも相談を受け付けていますし、全国の消費生活センターや、消費者相談室、地域ごとの弁護士会、日本司法書士連合会、法テラスといった団体にも相談員が置かれて対応にあたっています。一般の弁護士事務所においても無償で相談ができることは多く、引き伸ばすよりは早めの相談をお勧めします。期日通りの返済ができないと、翌営業日には債権者からの連絡があるでしょう。その際、いつ支払うかを約束すれば、相手から二度と連絡が来ることはないはずです。けれども、万一約束を破ろうものなら再度、支払いを求める連絡が...
2017/04/26 03:49:26 | 借金事例
どのような形式で債務者が抱えた借金を整理するのかに応じて債務整理には4つの方法があります。というのは、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つです。どれも圧縮が可能な金額や裁判所が介在するか否か等、手続きが変わります。どの方法でも同様なのはある程度の期間、事故情報が信用情報機関に記載されるので、それがある間の新たな借入は容易にはできないという事でしょう。借金の返済が滞るようになってくると、債務整理を考える人が多いようです。返せるものなら返したいけれど、結局は延滞状態に陥ってしまうケースは、よくあります。しかるべきところに相談し、支払の計画を立てることができなければ、債務整理を行う手続きに入...
2017/04/25 13:19:25 | 借金事例
昔の話ですが、多重債務の状態に陥り、合わせて300万円に及ぶ借金を作ってしまったことがあります。当時働いていた会社が事情により倒産し、無職になったことがきっかけでした。当時は不況で、新たな職場も見つけられず、生活するためにキャッシングを利用せざるを得ない状況でした。しばらくしてから無事に再就職しましたが、それまでの債務があまりに大きく、返済しきれなくなったため、結果的に債務整理で借金を処分しました。今は安定した生活を送れていますから、あの時債務整理の決断をして良かったと思っています。家の人たちに内緒で借金をしていたところ、とうとう返せなくなって、債務整理する事になりました。かなり多額の借金があ...